二重整形の気になる施術方法や費用を調査【簡単な手術でできる】

費用の相場をチェック

カウンセリング

施術の違いを知ろう

二重のラインを作る美容整形は大きく分けて、埋没法・部分切開法・全切開法の3種類に分類され、それぞれ費用の相場が異なります。埋没法はメスを使わないプチ整形ということもあり、二重を作る美容整形の中でも費用は最もリーズナブルです。美容整形は自由診療となるためクリニックによって価格は異なりますが、埋没法であれば5万から10万円程度の金額が相場となっています。100万円以上の費用がかかる手術も行われている中で、埋没法の5万から10万という金額はかなりリーズナブルと言えるでしょう。埋没法は費用が比較的安価ということもあり、10代・20代と若い年齢の人も多く施術を受けている美容整形でもあります。部分切開と全切開はメスでまぶたの皮膚を切開しラインを作るというもので、半永久的に取れないラインを作れるのが魅力です。部分切開はまぶたの一部分を、全切開は目頭から目尻まで全部を切開するという施術法で、まぶたの状態やなりたい目元の印象に合わせて施術を選びます。部分切開と全切開の施術にかかる平均的な相場は、約20万円から30万円程度が相場で埋没法と比較すると少々高めです。ただ、部分切開・全切開は幅の広い二重も作れる、そしてまぶたの状態関係なくくっきりとしたラインを作れるというメリットがあります。初めて二重のラインを作る美容整形を受けるという場合、費用だけで施術を選ぶのではなく、まぶたの状態はなりたい目元に合わせて選ぶようにしましょう。メスを使わない埋没法の場合、ナチュラルなラインを作るのに向いているので、より自然な仕上がりを求める人におすすめです。また、まぶたの脂肪が厚い人は埋没法だと時間が経過すると、ラインが消えてしまうこともあるため、このようなケースに当てはまる場合は部分切開や全切開を選びます。部分切開・全切開であればまぶたの脂肪が厚くても、その脂肪を除去した上でラインを作れるので、クッキリとした二重になれます。もちろん、まぶたの皮膚自体を切開してラインを作っているので、部分切開・全切開は半永久的に二重まぶたをキープすることが可能です。また、ラインの幅を自由にデザインすることもできる部分切開・全切開は、西洋人のような目元に憧れている人にも向いています。このように同じ二重のラインを作る美容整形でも施術内容効果、二重の持ちといった部分が異なるため、自分に合った施術を選ぶことが重要です。美容整形を受けるとなると費用面だけを気にしてしまいますが、このような点も踏まえることが失敗を防ぐコツになります。

Copyright© 2018 二重整形の気になる施術方法や費用を調査【簡単な手術でできる】 All Rights Reserved.